イトラコナゾールは強力に真菌を駆除します

真菌はどこでもいる菌ですが、体の中に入り込むと駆除しにくい菌といえます。
真菌が引き起こす一番身近な感染症が水虫です。
一度感染して真皮層の奥にまで真菌が入り込むと、なかなか完治するのが難しい病気です。
水虫を起こす真菌は白癬菌という菌ですが、その他にもカンジタやアスペルギルスなどの菌があります。
水虫を引き起こすだけではなく肺や消化器など体の中に入り込んで増殖する場合もあります。
真菌自体は弱い菌なので体力のある免疫力の高い人は感染しませんが、病人や高齢者など抵抗力の落ちている人は重症化する場合があります。
発熱を引き起こしたり血痰が出る、胸の痛みを感じたり喀血する人もいます。
真菌を駆除するにはイトラコナゾールという薬の服用が効果的です。
真菌の細胞膜にダメージを与えて、死滅をさせる効果がある薬です。
イトラコナゾールは白癬(はくせん)やカンジダ症にも効果があるとされています。
また、イトラコナゾールは強力に真菌を駆除できるだけではなく、安全性も高いという特徴があります。
カプセルや錠剤、液剤があり、食後すぐに服用します。
体の中の真菌の駆除だけではなく、なかなか治らない爪水虫の治療にも使われている薬です。
爪水虫は皮膚だけではなく爪全体が真菌に感染した状態です。
痛みや痒みがなく自分では気がつかない場合もありますが、爪が白くにごったり変形してきたりします。
自分の水虫がなかなか治らないほか、家族など身近な人に水虫をうつす原因になります。
また爪の変形が進むと靴を履いたときに圧迫されて痛みを感じるようになったり、糖尿病が信仰している人の場合には抵抗力が落ちているため、細菌に感染しやすく合併症を引き起こす場合もあります。
水虫治療に使われる塗り薬ではほとんど効果がない為、体の中から真菌を駆除するイトラコナゾールが有効です。