カンジダ症のにはイトラコナゾール

イトラコナゾールはカンジダ症や水虫などの治療に用いられる抗真菌薬です。
カビなどの真菌による感染症を治療することができて、安全性が高く幅広い真菌感染症を治療できるという特長を持っています。

真菌と細菌には大きな違いがあり、真菌は細胞膜の中に核を有していて、人間の細胞に似た形状をしているという特長を持っています。
そして、人間の細胞との大きな違いは、細胞壁があるかないかと、細胞膜の物質による違いです。

人間の細胞には細胞壁がなく細胞膜はコレステロールでできていますが、真菌には細胞壁があり細胞膜がエルゴステロールでできています。
そのため、イトラコナゾールはエルゴステロールの働きを無効化し、真菌を死滅させることができます。

人間の体には全く無害なので、真菌だけを死滅させることができて、幅広い真菌感染症の治療に役立っています。

錠剤やカプセルで処方される場合には、空腹時だと体への吸収が悪いので、食後すぐに服用することになっています。
液体の場合には吸収率が良いため、空腹時の服用が良いとされています。

必ず薬の用法用量を守って正しく服用するようにして、異常を感じた場合にはすぐに服用を中止して、病院で医師の診断を受けるのが大切です。