中だしにより発生?真菌疾患におけるイトラコナゾール

真菌疾患と聞くとすぐに思いつく症状は、水虫・たむし・頭部のしらくもがごく一般的です。これらは身体の表面に発生することでもよく知られています。原因菌は白癬菌と呼ばれる真菌類の仲間です。しかし真菌疾患は皮膚や粘膜の表面に発生するものばかりではなく、皮膚・粘膜・身体の中に入り込むケースも少なくはありません。これは深在性真菌疾患や内臓真菌疾患と呼んでいますが、時として重篤な状態を来たす事があり注意が必要です。特に免疫機能が低下したときに発生しやすいとされおり、身体の中に発生するため軟膏などの塗り薬では対処できない為、患部に特異的に作用する薬剤が必要となります。この点で、イトラコナゾールは真菌の持つエルゴステロールを主成分とする細胞膜の生合成を阻害し、真菌の発育を抑制する効果を持っており身体の中に発生する真菌疾患治療で多く使用されます。イトラコナゾールは用途に合わせて塗布薬の他、カプセルや錠剤、飲み薬が開発されている為、真菌疾患の様々な発生部位で使用が可能だからです。又、イトラコナゾールは抗真菌活性が強く、抗真菌スペクトルも幅が広く、且つ、生体内における抱合や酸化を受けにくく、代謝物も主成分と同等の活性を示し、更には脂溶性で徐々に放出されるところから持続的効果が得られると言う特徴を持っています。適応菌種の幅が広い事もその特徴として知られています。適応菌種は投与方法により異なりますが、概ね白癬菌・皮膚糸状菌・カンジダ・アスペルギルス・クリプトコッカス・ヒトプラズマ・ブラストミセス等であり、多岐に亘っています。真菌類が持つエルゴステロールに特異的に働く為、副作用については比較的少ないとされいますが、飲み合わせによる薬害は決して少なくはありません。これら留意点については専門医との情報交換を密にして、身体に負担を掛けることなく服用する必要があります。